年中無休(大型連休を除く) 023-956-777(英語/中国語/クメール語)
月~土 9:00AM~6:00PM
日 9:00AM~3:00PM
069-268-060/092-116-613(日本語)
13 August 2018
info

肌荒れの原因1

外的要因

「外的要因」とは文字通り外部からの刺激によって引き起こされる肌トラブルのことです。

具体的には、

①乾燥

まぶたや口はほぼ一日中動かすため、大変乾燥しやすくなっています。肌の保湿に必要であるバリア機能の低下にも注意しましょう。

②体の冷え

職場や自宅などの冷房で肌が乾燥すると、口周りの皮膚はカサカサヒリヒリします。

③髭剃り、メイク用品・スキンケア

男性は髭剃りの刺激で、女性はスキンケアやメイク用品などが原因で、肌荒れが起きる可能性があります。シェービングフォームやファンデーションなどは毛穴に詰まる恐れがあるので、しっかり落として、その後に良く洗い流すことが大切です。また、必要以上に擦って肌に負担をかけないようにしましょう。

④環境

紫外線、外気に含まれる砂塵や排ガスなどはお肌に刺激を与える大敵です。特に日焼けの原因である紫外線には注意が必要です。

 紫外線にはA波・B波・C波の3種類があります。重要なのはA波とB波です。

肌への影響力が大きく最も注意が必要なのがA波です。年間を通じて照射され、ガラスでの遮断は不可能で、肌にあたると真皮まで到達し、皮膚の色を黒くし、真皮の細胞に影響してシワ・タルミの原因になります。

B波は、夏場に照射量が増えますが、ガラスでの遮断が可能です。肌にあたると日焼けやしみ、ソバカスの原因となります。

何も気にせず紫外線を浴び続けると、皮膚のバリア機能は低下し、乾燥・炎症が進みます。

その結果メラニン色素が過剰に生成され肌に色素沈着を起こし、肌の内部が隙間だらけになって、水分が蒸散し、表面がゴワつき・ザラつき・皮めくれといった肌荒れ状態になります。

【シワ、たるみ】

肌表面の小ジワは、表皮の水分不足によるもの。また紫外線A波は真皮にまで到達し、肌のハリを保っている弾性繊維を破壊し、深いシワ・たるみの原因になります。

象と考えられています。

【ニキビ】

乾燥が進むと角質が肥厚し、皮脂が増加して毛穴を塞ぎ、ニキビの原因になります。そしてにきびをそのまま放置しておくと肌の内部の組織まで破壊され、凸凹ニキビ跡(クレーター)になってしまいます。これは再生しない真皮層までダメージが及んでしまったからで、皮膚再生は表皮でしか行われないので、結果的にダメージの跡が残ったままになってしまいます。こうなる前に治療することはもちろん大切ですが、なってしまったら当院のフレキシブルレーザーをお勧めします。これは「若返りレーザー」とも呼ばれており、肌の再生を促すことを目的としています。肌表面の皮膚を入れ替えるイメージで新しい皮膚になります。軽いニキビ跡なら1度でも効果が目に見えますが、通常は1カ月おきに数回繰り返します。

 

Sun International Clinic

TEL:  023-956-777 [ EN, Khmer,Chinese ]  069-268-060 [ JPN ]

Facebookページ:https://www.facebook.com/siclinic

ご予約サイト:http://siclinic.com/

 

13 August 2018
info

肌の内部の仕組み

ここから3回に分けて肌内部の仕組みや肌荒れの原因を説明します。正しい予防方法を知り、カンボジアの紫外線対策に役立ててください。

 

皮膚の一番外側が「表皮」です。表皮は一番内側から基底層、有棘層、顆粒層、角質層の4層構造になっています。細胞は基底層で生まれ、だんだん表面に押し上げられていき、死んだ状態で角化細胞となり、最後は垢となって自然にはがれ落ちる構造となっています。この肌のサイクルの新陳代謝をターンオーバーといいます。このように表皮は絶えず入れ替わっているために、常にきれいな肌を保っているのです。

 

ターンオーバーの速度は個人差はありますが20代では約1ヶ月です。一般的には加齢とともに新陳代謝が低下し、30代~40代になると45日ほどになります。年齢とともにちょっとした傷も治りにくくなっていくのはそのためです。肌がくすむ、シミが増えた・濃くなったなどの症状が現れたらターンオーバーの機能が低下しているサインです。

さらに、ターンオーバーの周期が長くなると、肌が乾燥やバリア機能の低下が生じます。

つまり各層の間には肌の潤い成分があるのですが、ターンオーバーがスムーズにいかないと潤い成分がうまく作られず、その結果乾燥肌になりやすくなります。

また肌の表面は皮脂膜という薄い脂の層で覆われ、肌を守るバリアの役割を担っているのですが、肌のターンオーバー周期が乱れるとこの皮脂量が低下し、皮脂膜もできなくなって、肌のバリア機能が低下してしまいます。

・乾燥肌と脂性肌

乾燥肌というのは、角質の水分が少なく、皮脂分泌が少ない肌です。肌の細胞間のうるおい成分が減少し、環境、体調、生理的な要因や病気や不摂生、ストレスなどによる肌の機能の低下などが原因で、肌が乾燥します。

脂性肌とは、皮脂分泌が多く、ニキビ発生の環境がそろいやすい肌です。ニキビは、老廃物やアクネ菌などが過剰に分泌された皮脂と混ざり合った結果できます。男性ホルモンの増加や脂分の多い食物を多くとることで多くできます。

 男性ホルモンは、ストレスや不摂生によって増加しやすく、思春期にニキビが増えてしまうのも、このホルモンバランスの乱れに起因しています。

・主な対策

乾燥肌は角質の水分が足りないことが原因なので、「いかに水分を与えるか?」という点が重要です。外から保湿成分を与えたり、肌の保水機能を保つためにバリアを作ることが大切です。もちろん、心身ともに健康第一で過ごすことを心がけましょう。

脂性肌は脂が過剰に分泌されることが原因なので、「いかに皮脂を抑えるか?」という点が重要です。まず洗顔をしっかりと行いましょう。ストレスや不摂生の改善も大切です。当院のイオン導入器で肌に電流を流すと、角質層と顆粒層が中性に傾き、反発が弱まることで浸透の邪魔をしていた電気の膜の働きが弱まるので、うるおいに必要なビタミンやアミノ酸を肌の奥まで届けることができます。皮膚のケアでお困りの際はぜひ当院にご相談ください。

 

Sun International Clinic 

 TEL:  023-956-777 [ EN, Khmer,Chinese ]  069-268-060 [ JPN ]

 Facebookページ:https://www.facebook.com/siclinic

ご予約サイト:http://siclinic.com/

13 August 2018
info

肌荒れの原因2

 

内的要因

 

栄養バランスの偏りやビタミン不足、腸内環境の乱れ、血行不良、ストレス、睡眠不足、ホルモンバランスの乱れなど、体調不良をきたすすべてが原因となります。

 

また老廃物を腸に溜め込んでしまう便秘も、肌荒れの原因になります。

 

皮膚や腸内に溜まるガス、食物を消化するときに残ってしまった有害物質などは、排尿・排便、汗などによって体外へと排出されていきますが、新陳代謝が低下し、汗をかかなくなると、この排出能力が低下してしまいます。

 

ちなみに大人ニキビはストレスなどの内的要因が危険因子になりやすく、外的要因が内的要因を助長します。子供の思春期ニキビは成長期のホルモンバランスの乱れが主原因になります。

 

 

 

内因性のニキビの危険因子

 

1食生活の乱れ

 

脂分や糖分などの過剰摂取は皮脂の過剰分泌に繋がります。逆にビタミン類の欠如は皮膚細胞の生成に必要なコラーゲンの欠乏を招きます。特にビタミンB群はターンオーバーに欠かせません。過度なダイエットや不規則な食生活も肌荒れの原因となります。

 

2便秘

 

便通が滞ると腸内環境が乱れ、毒素が排出されず、新陳代謝も悪くなり、ニキビの原因になります。

 

3睡眠不足

 

肌の新陳代謝を促す成長ホルモンは夜23~2時に分泌量が増えるため、この時間に眠ることが理想です。十分な睡眠を取らないと、せっかく摂った栄養も吸収率が下がります。

 

4過度のストレス

 

ストレスが溜まると交感神経を刺激し、男性ホルモンの分泌を促進します。その結果、ホルモンバランスが崩れてしまい、ニキビができやすくなります。

 

5ホルモンバランスの乱れ

 

特に女性は生理前後で肌荒れを起こしやすく、成長期の子供はニキビを発症しやすくなります。

 

6.血行不良

 

血液の循環が悪くなると新陳代謝が正常に行われなくなります。肌に必要な栄養を十分に届けることもできず、老廃物もたまります。スキンケアをいくらがんばっても、血行不良を改善しないと美容成分をきちんと浸透させることができません。

 

内側の不安は一人では解決しづらいものです。当院の経験豊富な医師、看護師にご相談下さい。

 

 

 

Sun International Clinic

 

TEL:  023-956-777 [ EN, Khmer,Chinese ]  069-268-060 [ JPN ]

 

Facebookページ:https://www.facebook.com/siclinic

 

ご予約サイト:http://siclinic.com/

13 August 2018
info

猛暑で大人の汗疹(あせも)患者が急増中

 

 幼少期、ほとんどの方は汗疹になったことがあるのではないでしょうか。猛暑の影響で日本でも汗疹患者が増加しており、最近では大人の汗疹が顕著になっています。年中常夏のカンボジア・プノンペンでは汗疹を発症しやすく、繰り返したり長引く症状に悩まされる方が多くいます。また、なかなか治らない汗疹を放置することで他の皮膚疾患を併発するケースも当院では目立っています。今回は汗疹の治療方法や予防方法についてご紹介します。   

 

 



    • 汗疹(あせも)とは



 汗疹とは汗腺の出口が角質などで塞がり、汗を正常に体外に排出できないことで起こる皮膚の炎症です。症状は赤く小さい発疹、水膨れです。汗疹の種類や湿疹を併発している際は掻痒感(かゆみ)やチクチクするような痛みを伴うことがあります。悪化した場合、掻き傷が細菌に化膿して伝染性膿痂疹(とびひ)や多発性汗腺膿瘍となり、他者感染を起こしたり瘢痕が残ってしまう場合もあります。

 

 

 

【汗疹になりやすい方】

 

 汗疹と言えば子供がなるというイメージがあるかもしれません。なぜ子供が汗疹になりやすいのかというと、人間の汗腺は約230万個あるといわれており、その数は子供から大人までほぼ同数です。体表面積の小さい子供は汗腺密度が高いため汗疹を起こしやすくなっています。また体温調節機能が低い乳幼児や高齢者、皮膚のバリア機能が低下している方は汗疹を起こしやすいと言われています。

 

【カンボジアで汗疹が長引く・繰り返すのはなぜ?】

 

 カンボジアは紫外線が強いことや、室内での冷房による寒冷刺激で肌は深刻なダメージを受けています。日本と同じようにケアを行っていても肌のバリア機能は低下してしまい、汗疹を含めた皮膚疾患に罹患する可能性が高くなってしまいます。

 

スキンケアに関する記事はこちらをご覧ください。

 

肌の内部の仕組み肌荒れの原因1肌荒れの原因2

 

また、雨季は湿度がさらに高いため通気性が悪くなってしまいます。雨季は曇りの日も多く、紫外線ケアを怠ってしまいがちですが曇りの日でも紫外線は晴れの日の60~90%あると言われています。肌のバリア機能が低下していると適切なターンオーバーを行ずに汗腺が目詰まりして汗疹ができてしまいます。カンボジアでの長引いたり、繰り返す汗疹は予防対策不足や、肌のバリア機能自体の低下が原因と考えられます。

 

 

 

【予防と治療方法について】   

 

 汗疹は皮膚と皮膚が接する面、例えばシップ、包帯、ベルトをしている通気性の悪い部位にできやすくなります。顔や首、体感、肘、ひざの裏側や脇の下は特に要注意です。女性では毛穴をふさいでしまうファンデーションを塗っている部分や下着の締め付け部分にも汗疹ができることがあります。



    • 治療方法



 汗疹は通常2~3日程度で改善します。汗腺の種類によって、ステロイド外用薬や抗生剤を使用するといった治療方法が一般的です。



    • 予防方法



1)清潔を保つ…汗をかいたらシャワーを浴びたり、外出先では濡れたタオルや汗拭きシートなどでふき取りましょう。カンボジア・プノンペンのスーパーで安易に入手できる幼児用のお尻ふきはアルコール成分を含まないものもあり、肌に優しく有用です。

 

2)通気性を良くする…吸湿性の良い衣服を選択したり、汗を吸収した衣服は交換することで通気性を良くし、汗腺の目詰まりを予防することができます。

 

3)入浴時の注意点…皮膚のバリア機能が低下している状態では刺激の少ないぬるめのお湯に調節しましょう。石鹸はからだに直接つけず、綿ややわらかいタオルなどで十分泡立ててから使用することで皮膚表面の汚れを効果的に落とすことができます。

 

 

 

【おわりに】

 

 汗疹には汗汗疱状湿疹、アレルギー性接触性皮膚炎、ニキビなど、症状や発疹が類似しており鑑別の難しい疾患も存在します。また、汗疹の治療で使用するステロイド剤は発疹の部位やその程度によって正しい濃度を選択することが重要です。年間を通して温暖なカンボジア・プノンペンで快適に健やかな生活を送るために日常生活での予防や正しい治療方法の選別を行うよう心がけましょう。

 

 

 

Sun International Clinic

 

TEL:  023-956-777 [ EN, Khmer,Chinese ]  069-268-060 [ JPN ]

 

Facebookページ:https://www.facebook.com/siclinic

 

ご予約サイト:http://siclinic.com/

 

 

09 August 2018
info

熱中症で1万人搬送

 日本も本格的に夏に突入し、記録的な猛暑が続いています。消防庁の発表では7月23日からの一週間で熱中症が原因となり搬送された方は1万3721人。東京都だけでも7月の熱中症による死者は96人で昨年の4倍。また、全国でも65人が室内熱中症が原因で亡くなりました。日本では熱中症患者とその死亡件数の増加に伴い、環境省が注意喚起を行っています。年中常夏のカンボジア・プノンペンでは屋外で熱中症になるということは安易に想像できます。カンボジアでも熱中症が原因と示唆される事案が相次いで発生し、今年6月には工場労働者100人以上が作業中の室内で意識消失して搬送されました。高温多湿なカンボジアで私達はどのような予防策をとっていけばいいのでしょうか。熱中症についての基礎知識、その予防方法と応急処置について紹介します。

 

  • 熱中症とは

 熱中症とは暑熱環境下で脱水や体温上昇、血流量低下などを引き起こす身体適応障害の総称です。初期症状としてはめまい、吐き気、失神、体温上昇や気分不良などが挙げられ、その程度によりⅰ~Ⅲ度まで分類されます。重症例では脳機能障害や腎臓障害、最悪の場合は死に至ります。

 

  • 室内で起こる熱中症

 日射病とは異なり、熱中症は室内でも起こります。屋内外、昼夜を問わず高温多湿な環境下が熱中症を引き起こします。事実、日本では高齢者や乳幼児の室内熱中症患者が増加しており、就寝中の夜間に熱中症にかかり死亡する例が多く報告されています。

 

  • 熱中症にかかりやすい方

 ・乳幼児…乳幼児は大人より新陳代謝が活発で体温が高いのが特徴です。しかし大人と比べて汗腺の発達が未熟なため体温調節が難しくなっています。炎天下での車中など体温よりも周囲の温度が高くなる場所では短時間で体温が上昇し、重篤な熱中症を引き起こす場合があります。また、背の低い子供やペット、ベビーカーを使用している際は地面からの反射熱を大人よりも受けやすい状況になっています。

 ・高齢者…高齢になると身体の水分の割合が低下します。子供は体の70~75%が水分であるのに対し、高齢者は50~55%と言われています。また、高齢者は暑さやのどの渇きに対する感受性が低下することにより充分な水分摂取を行えていないことも熱中症の要因となります。さらに心機能や腎機能が成人と比べて低下しがちなために熱中症罹患時に重篤になりやすいという傾向があります。

・体調不良の人…下痢や二日酔いで脱水症状の方、疲労や風邪などで体調不良の方、心疾患・腎疾患・糖尿病などの方は体温調節機能や体内水分出納バランスが崩れやすいため要注意です。

 

 

  • 予防方法

・水分補給…屋内外問わず、のどが渇いていなくてもこまめに水分を摂取しましょう。

・塩分補給…大量に発汗があった場合、体内の塩分が失われているため水を飲んでいても効果的に水分を補給することはできません。スポーツドリンクや飴などで汗で失われた塩分を補給できます。プノンペン市内のコンビニや薬局で簡単に購入できるRoyal-Dも水分塩分補給に有効です。

・環境整備…扇風機やエアコンで室温を適度に下げましょう。高温多湿なカンボジア・プノンペンでは除湿機の併用も非常に効果的です。

・衣服の工夫…衣服は綿や麻など通気性の良い生地を選んだり吸水性や速乾性に優れたものを選びましょう。

・直射日光を避ける…日中、室内でレースカーテンを使用することで直射日光を避け、室温自体を下げる効果も期待できます。遮熱カーテンは更に有効で、冷房効果も高めることができます。外出する際は帽子を被る、日傘をさすことで直射日光を避けることができます。

 

  • 応急処置方法

 熱中症が疑わしい症状がある場合は涼しい場所に移動し、水分・塩分補給を行いましょう。また首や太ももなど太い血管を場所を冷却することも有効です。熱中症は老若男女問わず24時間発症し、重篤な場合は死に至ります。水分を経口摂取していても体内に取り込まれるまでは時間を要します。熱中症を疑った際は早めの医療機関への相談や受診を推奨します。

 

 サンインターナショナルクリニックでは日本人看護師による電話での相談を受け付けています。症状に応じた正しい処置を行い、重篤化を防ぐためにも疑わしい症状がある場合はお気軽にお問い合わせください。

 

Sun International Clinic 

 TEL:  023-956-777 [ EN, Khmer,Chinese ]  069-268-060 [ JPN ]

 Facebookページ:https://www.facebook.com/siclinic

ご予約サイト:http://siclinic.com/

 

14 July 2018
info

 台湾人旅行客が日本で麻疹を発症し、4月末までに11人が罹患したとのニュースがGWの日本を震撼させました。この他、インドネシア、マカオ、タイに行った旅行者からも感染例が報告されています。4年前にはフィリピン、ラオス、ベトナムで集団感染事例がありました。麻疹は非常に伝染しやすく、重症化します。ワクチン接種が広く実施される1963年以前には定期的に集団感染を起こし、毎年推定260万人もの人々が麻疹が原因で死亡していました。現在でも麻疹に対する特異的な治療法はなく、症状に応じた対処療法しかありません。

ー麻疹の感染経路と感染力ー 

 麻疹は麻疹ウイルスによって起こる感染症で、人から人へ感染します。感染経路は飛沫感染、接触感染など様々です。

  感染力は極めて強く、麻疹の免疫がない100人の集団に1人の発症者がいたとすると、12〜14人の人が感染するとされています。ちなみに、インフルエンザでは1〜2人と言われています。不顕性感染(感染はしても発症はしない、つまり症状がでない)は殆どなく、感染した人の90%以上の人が発症します。発症した人が周囲に感染させる期間は、発疹が出現する3〜5日前から発症後4〜5日目くらいまでで、感染力が最も強いのは発症直直前です。

 

ー麻疹の症状ー

 ●潜伏期間;感染後、10〜12日間。発熱や咳などの症状が現れます。

   ↓

 ●カタル期;2〜3日。38℃前後の発熱や倦怠感、風邪症状に加え、結膜炎症状(充血、目やに、腫れ、痒み)などが現れます。

   ↓

 ●コプリック斑期;口の中に小さな白い斑点(コプリック斑)が現れます。

   ↓

 ●発疹期;コプリック斑は消失し、口腔内が赤くただれてきます。体温は一度下がりますが、再び39℃以上の高熱となり、耳、首、顎から出始め、翌日には顔、上半身から体中に発症が現れます。発疹が全身に広がるまで高熱が続きます。

   ↓

 ●回復期;発疹は3〜4日間続いた後徐々に消えていき、同時に解熱します。合併症がなければ7〜10日後には症状は軽快しますが、体力の回復には約1ヶ月程度を要します。

  

ー麻疹の予防ー

 ●予防接種

 ・1回のワクチン接種により麻疹の免疫ができる確率は約95%です。より確実に免疫をつけるために、2006年6月から麻疹、風疹の混合ワクチン(MRワクチン)の2回接種が推奨されています。免疫獲得に要する時間は予防接種後約2周間です。

 

 ●麻疹患者と接触した場合の対処

麻疹患者と接触した場合は、接触後72時間以内に予防接種を受ける、または免疫グロブリン療法を受けることで麻疹発症を防ぐことができる可能性があります。

 

ーおわりにー

 実際にカンボジアを含めた東南アジアのような予防接種率の低い地域では集団感染例が報告されています。これまでに麻疹に罹患したことがある人や、麻疹の予防接種を2回受けている人(麻疹、流行性耳下腺炎、風疹予防の三種混合ワクチン(MMR)、あるいは麻疹、風疹予防の二種混合ワクチン(MR)として接種されることが多い)は免疫を持っています。しかし、平成2年4月2日以前に生まれた方は1回しか定期ワクチン接種を受けていない場合が多いため、2回目の予防接種を推奨します。

  麻疹に対する抗体の有無は血液検査で確認することができます。麻疹は極めて伝染性の強いウイルス性疾病ですが、予防接種を受けることで感染を回避できます。

  日本とは異なる衛生下で自身とその家族の命を守っていく為にもこうした予防対策を行って行くことが重要です。予防接種やその他健康に対するご質問はどうぞお気軽にご連絡ください。

 

 カンボジア プノンペンフリーペーパー「プノンペンプレスネオ」に掲載していただきました。

 

Sun International Clinic 

 TEL:  023-956-777 [ EN, Khmer,Chinese ]  069-268-060 [ JPN ]

 Facebookページ:https://www.facebook.com/siclinic

ご予約サイト:http://siclinic.com/http://htome.com

14 July 2018
media

 死因はホットドッグ?

 2018年6月、カンボジアで食中毒の発生が相次ぎました。クラチェ州では11歳の少女が食中毒様症状を訴え、両親は少女を病院へ搬送しましたが、少女は回復することなく死亡。食中毒の原因は村で購入したホットドッグでした。また、同村では村人が汚染水を飲み100人以上が入院し、13人の死者が出ました。生活には欠かせない水や一見安全そうなホットドッグが誘因となったこれらのニュース。カンボジアで暮らす私たちはどんな方法で安全を守っていけばいいのでしょうか。

 

 

  • 食中毒とは

 食中毒とは有害な化学物質や毒素を含む飲食物を経口摂取し、下痢や嘔吐・発熱などの症状を呈する病気の総称です。因子や物質により細菌性食中毒、ウイルス性食中毒、科学性食中毒、自然毒性食中毒などに分類されます。一般的に高温多湿の環境下で細菌性中毒の発生件数が多くなります。食中毒のほとんどは細菌性食中毒で、ノロウイルスはその代表例です。食中毒で摂取するウイルスによってはA型肝炎、E型肝炎、ギランバレー症候群など重篤な疾患に罹患する場合があります。

 

  • 感染経路

 感染経路は汚染された飲食物を摂取することです。刺身やカットフルーツ、ローカル料理店での飲料水以外でも意外な感染源が私たちの周りには多く存在しています。おにぎりや寿司のシャリはその良い例で、調理者の手についた黄色ブドウ球菌が食物に付着し、増殖することで食中毒を引き起こします。クラチェ州で少女が亡くなった原因の食べ物となったホットドッグ。これはソーセージ内でボツリヌス菌が繁殖した、もしくは付着した細菌が増殖したことが原因ではないかと推測されます。ボツリヌス菌が繁殖するものの代表例としてはチーズなどの発酵食品、真空パック食品、瓶詰めの食品などが挙げられます。食材自体は新鮮であっても、調味料や香辛料、ドレッシングや油などが細菌の温床となり、食中毒の原因となる場合もあります。

 

  • 予防方法

1)食中毒を予防する三大原則

1-1清潔を保つ

…調理前後の手洗いや調理器具の洗浄。
1-2菌の増殖を防ぐ

…細菌の多くは高温多湿な環境で増殖が活発になりますが、10℃以下では増殖がゆっくりになりマイナス15℃以下で増殖停止すると言われています。そのため、早急に食材を使い切る、調味料は冷蔵庫に入れる、高温多湿を避ける等が有効です。

 1-3殺菌する(加熱するなど)

…ほとんどの細菌やウイルスは加熱によって死滅します。一部の菌を除き、75℃以上1分の加熱で菌は死滅するため、食材を十分に加熱することが有効です。ふきんやまな板、調理器具にも細菌やウイルスは付着します。特に、肉や魚、卵を使用した器具は洗浄後に熱湯消毒したり、台所用殺菌剤の使用することも効果的です。

2)予防接種

 …食中毒の原因となる細菌やウイルスによってはA型肝炎、E型肝炎、腸チフス等を発症する場合があり、このうち、A型肝炎や腸チフスは予防接種が非常に効果的です。

  • 治療方法 

 予防策が万全であっても疲労などで免疫力が低くなると食中毒にかかりやすくなります。食中毒の初期症状は下痢や嘔気、嘔吐、発熱などです。特異的な治療法はなく、症状に応じた対症療法を行うことが一般的です。抗生物質は原因となる物質が細菌であれば使用しますが、ウイルスの場合は有効ではありません。安易な抗生物質の投与は耐性菌をつけてしまうため推奨できません。症状が激しく、水分摂取もままならないことは回復を遅延させ、頭痛やその他の症状を引き起こします。充分な飲水を行っているつもりでも、不感蒸泄や下痢、嘔吐により体は脱水状態に陥ってしまいます。そのため、体内の水分出納バランスを整えるための輸液加療を行うことも大切です。二次感染を起こさないために、細菌やウイルスが含まれている罹患者の吐物や便には直接触らず、除去した後にアルコール消毒を行いましょう。原因究明のための検査を行い、最適な治療を行うことが重要です。食中毒の初期症状を疑う場合は早めに病院を受診することを推奨します。その他、病気や予防方法について等ご質問があればお気軽にお問い合わせください。

 

プノンペン生活情報サイト「ポステ」に掲載していただきました。

https://poste-kh.com/life-tips/cambodia-foodpoisoning-2216

 

 

Sun International Clinic 

TEL:  023-956-777 [ EN, Khmer,Chinese ]  069-268-060 [ JPN ]

Facebookページ:https://www.facebook.com/siclinic 

ご予約サイト:http://siclinic.com/http://htome.com